こんにちは、代表の胡内です。

たとえば10年間も同じ家に
住んでいるとしたら、

そこでの暮らしが染み付いて、
何らかの習慣が出来上がってると思うんです。

そこで「現状を変えたい!」と思っていても、
長年にわたって身につけてきた習慣
というのはやっかいなもので、
そう簡単には変えさせてくれません。

いつの間にか元の習慣に戻ってしまって
「もう自分ではどうしていいかわからへん…」
という状態。

「今の家は狭いから住みにくい。」
と言われる方が多くおられますが、
じつは広さ狭さよりも
“暮らしのシカケ”が自分たちに合っていない
ことのほうが問題なんです。

もし、自分に合っていない家に
35年のローンを払いながら住み続けるなんて
禁固刑35年罰金3000万円みたいなもんです。

ときどき、仮出所で旅行いったりして、、、

そういう意味ではミセガマエヤのリノベって
既存間取りからの脱出プロジェクト
みたいなもんかも。

と、冗談はさておき。

リノベーションすべきは家というよりも、
そこで過ごす時間だったり、
場面だったり、
人の気持ち。

ひとことでいうところの暮らしそのもの。

どんな家族でありたいか?
どんな“暮らしがしたいのか?
そのために必要なシカケ”は何か。

そこがぶれているといくらお金をかけようが
いくらお洒落な家を手に入れようが
禁固刑35年には変わりないんです。

だからミセガマエヤでは
家族みんなで思いをひとつにする
濃厚ヒアリングと
その人、その家族に合った究極の間取りプラン
にこだわっているんです。

ちなみにそういう意味から考えると
最近、中古市場によく出回っている
リノベ済みの中古住宅や中古マンションは
既存間取りとなんら変わりないんです。

tel 075-502-0505
無料冊子お取り寄せ
問合せフォーム
イベント情報
ショールーム