【色彩プランはどうやって考えるの?】

あなたのお部屋をお好みのインテリアに変身させるための色彩計画を考えるときは

「ベース色」「メイン色」「アクセント色」
の3種類でまとめるとスッキリします。

色彩プランを立てるちきは、
家全体の構造も考慮することを忘れずに!

例えば京都の住宅事情で窓が少ない家の場合は
部屋全体の明るさが足りないので

暗めの色をベース色に使うと部屋全体が重く
狭く見えてしまいますので気をつけます。
(あえての場合もありますが)

白熱球の赤みがかった色は
暖色系の色をよりあざやかにしますし

逆に蛍光灯の青みを帯びた色は
寒色系の色をきれいに見せるので

インテリアカラーと
照明器具との相性も考えましょう。

ベース色って?

部屋の大半を占める色のことを指します。
ベース色は基本的なインテリアデザインの
中心的な色で、床、壁、天井が
これに当たります。

住宅の場合、ベース色の面積の
全体の約70%程度が目安。

家の場合はどうしても
明るく暮らしたい人が多いので
基本的には壁が白、アイボリー、ベージュで
床は茶系でまとめる場合が多いですが

落ち着いた雰囲気のインテリアにしたいのであれば、壁や天井を暗めの色にしても
ぜんんぜんオッケー。

メイン色って?

メイン色はインテリアのテーマとなる色で
面積配分は全体の25%程度が目安です。

基本的にはあなたが最も好きな
見て嬉しい色を選んでオッケーです。

壁の一部分、家具、ソファ、カーテンなどに
メイン色を配分します。

アクセント色って?

アクセント色はインテリアのポイント
空間をピリッと引き締める色合いです。

クッションや壁に掛ける絵などが
これにあたります。

面積配分は5%程度となります。

アクセント色はその名前の通り
アクセントになる色ですので、

メリハリがでる強い色を選ぶことが多いです。

【気軽に着替える!季節のインテリアカラー】

床のフローリングなどは色を替えるとなると
大工事になり、それなりにコストもかかりますが
壁一面を水性塗料で塗り直す程度なら
DIYがおすすめです。

リビングを明るく、さわやかにしたいなら、
 ポイント色を薄いグリーンに。

ダイニングには食事がおいしそうに見える、
オレンジやベージュなどの色を添えてみる。

とにかく

インテリアの色を一度塗ったら、
ずっとそのまま。
という考えは、捨ててしまいましょう。

水性塗料なら無限大の
カラーバリエーションから選べます、

「失敗しても大丈夫!」と言えるほど
 塗り替えも簡単で、コストも安い。

春色の家。
夏色の家。
秋色の家。
冬色の家。

軽い服、暖かい服。人が衣替えをするように、
家の色も塗り替えてみてはいかがでしょう。

「季節ごとに着替えるインテリアカラー」
それは、決して難しいことではないのです。

ぜひ、DIY塗装にチャレンジしてください。

もちろん、色選びから、
塗り方などアドバイスさせていただきます

tel 075-502-0505
無料冊子お取り寄せ
問合せフォーム
イベント情報
ショールーム