③ “空気感” にこだわる。

胡内には忘れられない原風景があります!

子どものころなぜか家族が持っていた、
琵琶湖畔の別荘なのですが。

いや、、、別荘というのは大袈裟で
実際はプレハブの小屋です(笑)

だだ~~っ広い土地に
ちっちゃな家と水辺のなっつかしい風景は、
 今も脳裏にハッキリと焼き付いています。

夏は泳いだりゲントリ(クワガタ取り)をしたり。冬はソリで遊んだり。

デザインやアートとは全く縁のない、
どろんこまみれの子どもでした(笑)

家の中にはブランコや鉄棒があり、
庭には飲み水を確保するために
父が造った浄水塔がありました。

ちゃんと浄水できてたかどうかはわかりませんが、とにかくめっちゃくちゃ楽しい記憶なんです。

子どもの頃観ていたテレビアニメ、
「南の島のフローネ」の世界にいるような

「ほへ~~~~」とユルイ空気感。

こんな原体験が私のリノベーションデザインの
元となってます!!まさに原点。

自然が減って、少子化が進む今、
工業製品的でないユルさを
デザインしたいと思うようになりました。

たとえ京都の街なかにある
マンションの一室だとしても。

子どもから大人まで
自然を感じながらワクワク楽しめる家がいい!

家族が元気と安らぎを求めて
帰りたくなる、避暑地のような空気感が
ミセガマエヤのデザインの特徴です。

ショールーム
無料相談会&見学会
TEL 075+502+0505
問合せフォーム