④ “京都の気候対策” にこだわる。

夏は蒸し暑く、冬は底冷えする京都の気候。

単に気温が高い「暑さ」でなく
湿度が高いことによる「蒸し暑さ」が
京都の夏ならではです。

この独特の京都の気候と
いかに上手く付き合うのかは
京都に住む人にとって永遠のテーマですね。

かといって、沖縄や北海道のように
極端に熱いとか寒いとかいうわけではないので、

家づくりにおいて「暑さ寒さ対策」
に対して少々油断しがち。

先ず、暑さ対策を考える上で
最も大切なのは風通しの良い間取りですね。

基本的には風上と風下に窓を作ることで
風が流れますが

風の動線を妨げない
開放的な間取りにすることで
よりさわやかな風が吹き抜けます。

また、熱い空気は上に移動するので
熱がこもる部屋は高い位置に
窓を設けるなどの工夫が必要です。

また、ご存知のように
窓の断熱対策が非常に重要になってきます。

外から入ってくる熱の71%は窓から
外に逃げていく熱も48%は窓ガラス

というように、熱の多くは窓ガラスを通じて
出入りしています。

断熱対策にペアガラスが
有効な理由はこのような理由からです。

最後に「京都で快適に過ごすために」
自然素材の特性を利用した
断熱材をご紹介します。

羊毛断熱材(サーモウールなど)は
通常のグラスウール断熱材にはない

「強力な調湿機能」があり、
部屋の湿度を50%に保つ事ができるため

京都の「蒸し暑さ対策」に
持ってこいの自然建材といえるので
エアコンなどの光熱費も節約でき、
グラスウール断熱材のように
内部結露で建物を痛める
可能性も少なくなります。

また、羊毛は室内の有害物質(VOC)を
わずか1時間でほぼ吸着・無害化することが
証明されているので
シックハウス対策にも有効です。

(北里環境科学センターとニュージーランド羊毛研究所の実験結果)

その他、ヤシ炭を床下に敷き詰めるなど
断熱、調湿、VOC吸着に効果の高い

様々な自然素材を状況に
合わせて使いわけていきます。

また、外断熱や遮熱塗料についても
日々新しい技術が開発されていますので
お気軽にご相談ください。

サーモウールの特徴
羊毛断熱材サーモウール使用時の温度と湿度の変化。
イニシャルコストとランニングコストの比較
ショールーム
無料相談会&見学会
TEL 075+502+0505
問合せフォーム