“自然素材” にこだわる。

高気密・高断熱化が進み
新建材と呼ばれる化学物質の塊のような建材を
多用してきたことにより、

室内の空気が汚染され、
そこに住まう人の健康に
悪影響を与えるようになってしまいました。

建材や家具、化粧品などの
日用品に含まれる化学物質や
換気対策の不十分さ、
ダニやカビ、アレルギー体質の人の増加など
からシックハウスやアトピーの
問題はとても深刻化しています。

シックハウスの問題は多種多様な要因が
複合的に存在するため
原因を一つに特定することが難しく
残念ながら家づくりに於いても
「これさえすれば絶対に大丈夫!」
というものはありません。

アレルギーをお持ちの方が
実際にリノベーションの計画を
進められる際には

可能なかぎりその人の体質に合った
対策を手さぐりで見つけていく
必要があるのですが、

ここでは大まかな対策方法をご紹介いたします。

「昔の技術や天然のの素材」を使う。

「換気計画をしっかりする」

室内の空気をキレイにするために、
特に床・壁・天井など室内の
大部分を占める部分には

「昔の技術や天然のの素材」を
使用をおすすめします。

具体的には
米のりやニカワをを使った接着方法、
漆喰や和紙、

天然木のフローリング
天然素材を使うことが基本となります。

もちろん、建具や家具などの材料においても
注意が必要です。

天然漆喰や天然無垢材を使用することで
空気中の有害な化学物質を
最小限に抑えるだけでなく、

家が呼吸し湿度を適正に保ってくれることで
カビやダニの発生しにくくなり

シックハウスやアトピーなどの
健康被害の可能性を減らすことができます。

といっても、檜や杉などをはじめ
天然素材でもアレルギーをひこ起こす
可能性があるものもありますので
注意が必要です。

寝室などに使用したい素材サンプルを
一定期間置いておき身体が反応するか
しないかを判断する、パッチテストを
行ううのもひとつです。

一つの方法もうひとつ重要なのが
「換気計画」をしっかりすること。

特に京都などの高温多湿の地域で
リノベーションを行う際は

蒸し暑さ対策とエコの側面から
エアコンの効きを良くするため、
どうしても気密性を高めることになります。

当然、この場合に「換気計画」が悪いと
室内に空気と一緒に汚染物質が
溜まってしまいます。

もし、京都の暑さは好きではないが
嫌いでもない!という方は
「気密性を高めすぎないこと」も
対策の一つかもしれません(冗談抜きで)

もちろんシックハウスの心配はない、
という方にも天然素材はおすすめですよ(*^-^*)

漆喰壁や、天然木の無垢フローリングなどは
見た目も肌触りも優しく

本当に気持ちをおおらかにしてくれます。

tel 075-502-0505
無料冊子お取り寄せ
問合せフォーム
イベント情報
ショールーム