”耐震対策” にこだわる。

中古物件の耐震どうやってするの?

京都は花折断層や琵琶湖西岸断層など、
たくさんの活断層があり、
今後30年以内に大規模地震が
発生する危険性が示されています。

ミセガマエヤは中古住宅を取り扱う
リノベーション工事業者として
地震に対して特に配慮した提案を
行なっております。

現在の新築木造住宅では
耐震の評点が1.0以上必要とされていますが
この数値には大きな落とし穴があります。

この耐震の評点が1.0以上というのは
阪神大震災規模の地震で
「1回の余震ではたぶん倒れないだろう」
という基準値なのです。
(簡単に言うとですが・・・)

しかし、大規模地震の場合、
2度、3度と余震が続くことがほとんどです。

この場合、1回目の揺れで
建物が大きく損傷し
2回、3回と続く余震で
倒壊してしまうリスクが高いのです。

そこで、ミセガマエヤでは
リノベーションにおいても新築木造住宅での
法定基準で最高の耐震等級3(評点1.5以上)を
目指して耐震計画を行っています。
(※注意:構造上すべての建物に
当てはまるわけではありません。)

さらに、通常の耐震補強とあわせて、
「ゴムチェーンダンパー制震システム」なども
状況に応じてご提案しています。

このダンパーを木造建築の壁内に
設置することで”ねばり”をもって
地震の力を吸収し、
柱や梁などの損傷を防ぎ
2度3度繰り返される余震に対しても
倒壊しずらい家にすることができます。
(費用は通常の木造住宅で100万円程度。)

現在ではそのほかにも
いろんな耐震・制振システムが
開発されていますので
建物の状況にあわせて選択していきます。

詳しくはは専門知識を持った
スタッフがおりますので
お気軽にご相談ください。

tel 075-502-0505
無料冊子お取り寄せ
問合せフォーム
イベント情報
ショールーム