IMG_4659

京都のオシャレカフェ『TripCoffee』がブログに取り上げられました!

皆様こんにちわ。ミセガマエヤです。

何とミセガマエヤが手掛けさせて頂いた京都の上桂にあるカフェ『TripCoffee』阪急電鉄の『ブログdeバーチャル駅長2019』に取り上げられました🙄!(ブログ記事へは以下のリンクから↓)

【上桂】男前なリノベカフェ「TripCoffee」でコーヒー探しの旅を!
出典元:阪急電鉄『ブログdeバーチャル駅長2019』

 

やったー👏👏👏✨✨記事の中で「直感や要望に沿ってくれる工務店との出会いなどで他にはない唯一無二のお店に仕上がりました」との一文にミセガマエヤ一同感極まりました😭嬉しいお言葉、本当にありがとうございます。

この記事の中でも紹介されているように、『TripCoffee』は2階建ての古民家をリノベーションしたお店で、アンティークでインダストリアルな雰囲気が他にはない魅力的なカフェです。

 

ミセガマエヤでリノベーションした際はとにかくご夫婦の感覚を重視し進めておりました。そのため一般的には「どんな家具を置きたいのか」などの希望に合わせ、それに合うように図面を書いて、、、といったように計画的に進めていくのですが、『TripCoffee』に関しては、とにかくご夫婦の感覚を重視したかったので、現場で判断して現場でCHOICEするといった感覚・直感を重視した異例の進め方をとっておりました。

 

施主様、大工さん、現場監督の中島さんがタッグを組み、とにかくお店に合いそうなものをネットで検索しお互いに意見を出し合いながら、マッチしたものをどんどん取り入れていく…そんなスタイルで工事を進めました(もちろん予算は超えないように笑)

例えばこちらのおしゃれな腰板


実は、たまたま大工さんのトラックに積まれていた台風で吹き飛んだ廃材を再利用したものなんです🙄!

またこちらのとってもかっこいいお店の入り口ドアは

大工さんが足場に使われる木材を使って手づくりしました。

またカフェ内に設置されている扉は、お店の雰囲気に合うようにあえて傷をつけてアンティーク調に加工したもの。

このように『TripCoffee』のリノベーションは、時に解体現場から出た廃材を持ち込んでそれをお店の一部に取り入れたり、現場にあったスコップでドアにわざと傷をつけてアンティーク加工したりと、とにかく自由な発想で作り上げてまいりました。

この自由な発想と、お客様と近い距離感で作り上げることができたからこそ、計算されていない、ご夫婦の独特の感性がそのまま反映された素敵なカフェになったのではないでしょうか🥰?



 

ミセガマエヤも『TripCoffee』さんにミセガマエヤオリジナルブレンドを作って頂き、毎回取り寄せて頂いてます🙄💗。香りも味も非常によく毎回飲むたびにとっても癒されます。コーヒー好きの方は是非『TripCoffee』に行ってみてくださいね。

Trip Coffee(トリップコーヒー)
京都府京都市西京区山田北山田町18
営業時間:11時~18時
定休日:水曜日・木曜日・祝日
Instagram:https://www.instagram.com/tripcoffeekyoto/

 

ではでは素敵な一日を。井上でした。

Share on facebook
Share on twitter