「buena vistaな暮らし」T様邸の撮影に行ってきました!

ミセガマエヤの青木です。

約1年半前に戸建リノベーション工事をしてお引渡しさせていただいたT様邸にお邪魔してきました♪

T様はもともとマンションにお住まいでしたが、子育てが終わった事でこれからの暮らし方を変えていきたいと思い始めたのが今回の家づくりのキッカケだったそうです。

「将来リタイアした時には夫婦で家にいる時間が増えるし、その時に何か楽しめるように環境を整えておきたい」

そう思いながらボチボチ物件探しをされて5~6年。なかなかココ!という物件には巡り合えずにおられたそうですが、たまたま今回の物件に出会い、眺望の良さと大きな庭を見て「ここしかない!」と即決されたそうです。

タイトルの「buena vista」というのはスペイン語で「絶景」という意味。

リビングからは大きな空と愛宕山が見え、夕焼けがすごく綺麗なんです!

T様の愛犬ナナちゃんも、このデッキで景色を眺めながら日向ぼっこをしているそうですよ♪

斜面を降りるとT様の庭が広がっているのですが、ここを少しずつ雑木の庭にするのがご夫婦の楽しみになっています。

 

 

庭で咲いたお花を摘んで飾ったり

 

 

 

 

 

リビングから、光を浴びてだんだんバラの花が開いていく姿を眺めたり・・・

 

 

 

 

 

とっても豊かな時間を共有させていただいて、ほっこりしました。

お家の中も、もちろん素敵です♪

以前のキッチンはどこに何があるのか奥様しかわからず、ご主人は踏み入れることすらなかったそうですが、

誰もが物の場所を把握しやすく、広く明るいこのキッチンになってからはご主人もキッチンに立つようになり、休日の朝食を自分で作ったり、夫婦で一緒にコーヒーを淹れたりするようになったそうですよ!

今まで奥様は家族の食事の事が気になってお友達と旅行に行くのが難しいと思っておられたそうですが、今では「主人が一人でも家で楽しんでいる姿が想像できるので、安心して出掛けられるようになったんです♪」とめちゃくちゃ喜んでおられました(*^^*)

 

こんな風に音楽を聴くのもご主人の楽しみの一つ。

 

 

好きなレコードを聴くのも、マンションの時はご近所を常に気にしておられましたが、今はその心配もなく楽しめるようになったそうです。

奥様も、以前のマンションの時はお友達に来てもらいたくてもスペースがなくて、呼びたくても呼べない状況だったそうですが、今では「いつでもどうぞ♪」と言えるのが嬉しいとおっしゃっていました。お友達と一緒にキッチンに立って料理をしたり、今まで出来なかったことを楽しめるようになって、気持ちもオープンになってきたそうです(*^^*)

リノベーションの予算は当初考えていたよりもオーバーしたのですが、「この暮らしを手に入れるためには必要だったと思う。」とご主人。

ミセガマエヤのジブンミッケルワークで改めて気付いた「自分たちの望む暮らし」

その実現のお手伝いが出来たことがとても嬉しいです。

夫婦で一緒に過ごす時間も、別々に過ごす時間も両方楽しんでおられるT様ご夫妻。ミセガマエヤのお客様は子育て世代の方が多いですが、将来子育てが終わったらこんな風に暮らしたいと思われている方も多いでしょうね。

まだまだご紹介できていないところなど、近々ホームページの事例に掲載させていただきますね。

T様、先日はあまりにも居心地が良すぎて長居してしまい、すみません。でも久しぶりに色んなお話しができて楽しかったです♪

ありがとうございました(*^^*)また遊びにいきますね♪

最後にナナちゃんのベストショットを。

 

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー