たかが 框・・・されど 框

北区の現場から・・・中島です

いよいよ現場も最終段階に突入しておりますが、少し現場を振り返ってみます。こちらの現場は、キッチンの大幅な移動があり床に段差が出来ます

リビングやダイニングとの段差をいかに見せるかが腕の見せ所!

イメージは外国の立派な邸宅にある様な段を2段か3段降りての

リビング!・・・・ちょっとたいそうですが

計画段階から、以前より目に留まっていた材料が頭をよぎってました

桧の耳付きの無垢板です!必要な長さが3カ所分取れるか・・・

図面を見ながら、メジャーと格闘して・・・決断!

現場に搬入して、大工のヒロ親方と・・・あ~でもない こ~でもないと

あっちに行ったりこっちに行ったりで、こっちの右側があっち

左はこっちと・・・何とか話がまとまり 取付

しつこい私の説明にめげずに親方も奮起して え~仕事してくれ

若い大工さん それを見て 「流石 ヒロさん凄い」と・・・

1枚、1枚床板をカンナで削り合わせ厚みも削り合わせしてくれました

ここまで来たら・・・お次は電気屋さんの出番!

框の下に仕込む間接照明の取付で またまた

あ~でもない こ~でもないと付けて離れて見て・・・あかん

ここをこうしてこうしたらと繰り返し

点灯試験で・・・ようやく取付完了

様々な苦労の上 取付けた框も付いたらすぐに養生で隠れます

そしてようやく 工事が一段落した頃に顔をのぞかせてくれました

チークの無垢板のアンティーク風に浮造り加工された床板も

オイル塗装が始まりましたから少し床より濃い色で着色された框!

完成したらしっかりと馴染んでくれると思います

夜にお客様からオイル塗装が乾いた写真が届きました・・・

なかなかのアンティーク感のある仕上がりとなりました!

あと少しで・・・完成です

 

 

 

 

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー