ウサギさんとカメさんの家族の物語—-②カメ家の事情

まだ『ウサギさんとカメさんの家族の物語①』 をお読みでない方はコチラからどうぞ♪

■カメさん一家の話■

30歳のカメさん一家は堅実です。

カメ夫カメ子駅徒歩5分の便利なところで

ちょうど底値になった中古マンションをみつけました。

1500万円を住宅購入費に充て、900万円でフルリノベーションをすることにしました。

2400万円で30年固定の住宅ローンを組み、月々の返済金額は9万ちょっと。

 

 

子供部屋は小さいスペースを有効理由するためにロフトをとり、

小さきけれど、わくわくするスペースです。

とはいえ、カメ家で一番心地いいのは無垢床を敷かれた広々(と見える)リビングです。

人が集まればモノも集まりますが、

造作で収納棚をしっかり作ったのでいつもリビングはスッキリ。

おかげで、特別広いリビングではないのですが、広々と感じられます。

『おかあさん、何してるの?』

『これはね、お出汁をとってるのよ、ミドリちゃん

『わたしも手伝う!』

リビングにキッチンがあるので自然と食育がうまれています。

 

『さあ、できたわ、リクくんはおもちゃを片付けられるかな?』

カメ代さんは対面キッチンでミドリちゃんとご飯をよそいながらリク君に声をかけます。

『は~い』

リビングの一角にはリク君のおもちゃ基地コーナー』ミドリちゃんの宝箱コーナー』があります。

リク君はいそいそとさっきまで遊んでいたおもちゃを片付けます。

自分専用の箱、というのが嬉しくて、二人は片付けの習慣がいつのまにかついたようです。

『よくできたわね~』

お母さんに褒められて子供達はご機嫌。

夕食の会話も弾みます。

 

 

おまけに心地よい無垢床で気持ちもなんだかほっこり。

リク君ミドリちゃんも勉強も遊びもほとんどリビングでします。

 

とまあ、長くなったのではしょりますが、

カメさん一家では

小さな家で家族の温かさを目いっぱいうけて伸び伸び育った子供達は、

ミドリちゃんは料理研究家として、

リクくんはロボット技師として元気に社会に出ていきました。

 

子供達が巣立った部屋は、

時々帰ってくる子供を待つかたわら、

普段は夫婦それぞれの趣味部屋として使われています。

 

夫婦の趣味部屋ができた後も、夫婦はそこにこもりきることなく

やはり居心地のいいリビングがみんなの居場所。

いつまでもコミュニケーションのある仲良し夫婦として年を重ねていきました。

 

 

ちゃんちゃん♪

 

 

 

 

 

 

■ウサギ一家とカメ一家のお話、

ちょっと極端なお話だったかもしれませんが、ご自身の実家を思い出してみてください。

ウサギとカメさん、どちらのお家との共通点が多くて、ご自身の家族関係はどんなだったでしょう?

 

(ここだけの話、ウサギさん一家は筆者の実家がモデルです・・・・(汗))

 

今度はあなたが家族を作る番ですね。

さあ、あなた次第です!

どんな家族になりたいですか?

 

 

 

 

 

住まいというのは、家族像をがらっと変えてしまうほどの影響力があります。

365日、一瞬一瞬、その住まいは素材や、空気感、光、風、温度、湿度、音、目線の抜け、導線、景色、香り、、、ありとあらゆるものであなたの意識するところ、しないところでいろんな身体的感情を与え続けているからです。

美しい夕焼けや、青い透き通った海で人が安らいだり、元気になったりするように

心地よい環境は人が素敵な感情を選べるように、そっと手助けしてくれます。

 

住まいは、人生でとても長く過ごす場所。

そこで素敵な感情を重ねていくか

ギスギスした嫌な感情を重ねるかによって

生まれるドラマも違えば、そこで生まれる会話も違ってきます。

十年後、二十年後の家族関係に影響を与えるのは当然のことといえます。

 

 

あなたが本当に欲しいのは、どんな家ですか?

家族が仲良く過ごせ、たくさんのドラマが、

できるなら温かいドラマがたくさん生まれる家ではないですか?

そして子供達が独立して離れ離れになっても家族のつがなりをかんじられるような、、、(*^^*)

 

だから大切なのは、単に広い、とか豪華、とかハイスペックという尺度で判断するのではなく

『家族みんなが集まってのびのびできる暮らし』のできる家かどうかなのだと思います。

そして、人それぞれ、どういったときに『伸び伸び』できるかも違います。

なのでそれぞれの『伸び伸び』がどうやったら生み出せるかをしっかり考えるのが大切です。

 

さて、前置きがすっかり、ながくなりましたが、家族が本当に仲良く暮らせる間取りを考えると

とってもコンパクトに収めることができることがあります。

 

コンパクトな家は予算も抑えることができ、

家族旅行をしたりする金銭的余裕がうまれます。

そして家族は仲良し。。。

これって、いいことづくめというやつです。

 

実際、これまで接してこさせて頂いたお客様のヒアリングから

小さな家に住んでいる家族のほうが仲良しな傾向にあり

小さく住まうことには利点がたくさんあるようです。

 

さて、次回、カメさん一家のマンションの間取りを一挙公開です!

 

お楽しみに♪

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー