ベテラン職人さんのアイディア万歳

連日、こんにちわー。

大滝です(*^^*)

現場は仕上げ段階直前で、打ち合わせも佳境ですdouble exclamation

 

 

建築士の麦さんと慎重に予習とチェックを重ねいざ現場へ。

 

 

 

まずは建具屋さんと打ち合わせ。

 

 

 

実はこの日まで答えが出せなかった事があり、

経験豊かな職人さんに、どうしても相談したい、というのも目的でした。

 

 

 

 

 

 

その相談事というのが、

先日の記事にもあった、青木力作のミーサー柄ステンドグラス

通常の木枠固定ではなく

もっとおおらかに、素朴な金物で固定できたら素敵だなぁ~と思うものの、

なかなか旨いやり方が見つけられないでいました。

 

 

しばし、皆で悩み中。。。。。

 

 

 

 

と、そこへ

『え~っと、、、あれなんやったかな、ホレ、あれ、、、』

としばし、ホレあれを繰り返しはじめる木下建具さん、、、、、

おや、、これは、もしや何か思いついた?!黒ハート

 

しばし、息をつめて言葉を待ちますと。。。。

 

 

『まきがしら!』

 

 

だそうですぴかぴか (新しい)

 

みなさん、これご存じですか?

巻き頭釘(まきがしらくぎ)

なんとも味わいがあり、イメージにぴったりではありませんか黒ハート

 

 

 

さすが、木下建具さんっdouble exclamation

今日は来たかいがありましたうれしい顔

 

 

その後、

左官屋さん、塗装屋さん、クロス屋さんと打ち合わせ。

 

 

 

 

 

 

↑湯朝タイルさん。

サクサクっと、割り付けを追い出していきます。

にしても、湯朝さん、計算はやっつexclamation

 

タイルは、大工さんや電気屋さんの仕事とも絡み、

なんせややこしいのですが、

とっても大きな印象を与えるので重要なんです手 (グー)

 

 

 

Hさまからミセガマエヤに

ミセガマエヤから解体屋さん、大工さん、電気屋さん、設備屋さんに

そして、建具屋さん、塗装屋さん、左官屋さん、タイル屋さん、クロス屋さんへと大事にバトンが渡されて現場が進んでいきます。

今日は無事、仕上げの職人さんの手にバトンを渡せたかな。

職人の皆さま、どうぞよろしくお願いしますdouble exclamation

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー