マンションの防音対策

北区の現場から・・・中島です

マンションでお隣さんや上下階に音の問題で気にされる方多いです

では、リノベの時に何が出来るかを・・今回は遮音束仕様にて

通常は、遮音束+パーチクルボード20mmでマンションの仕様には

適合しますが、ミセガマエヤ仕様ではパーチクルボードとコンクリート

スラブの間に吸音の為グラスウールを敷き込みます。これによって、

スプーンやフォーク等を落とした音を、より以上に吸収させます!

仕上げが無垢フローリングの場合は、12mmの捨て貼りベニヤを貼り、

無垢フローリングを貼ると、マンションの一般的な遮音等級はクリアー

出来ますが、ミセガマエヤ仕様では、捨て貼りベニヤとパーチクルボード

の間に、さらに遮音シートを敷き込み ド~ンとかズ~ンとかの重低音

の振動や音をより以上に吸収します!

仕上げのフローリングを貼ったら全て、見えなくなってしまいますが、

住まいになられてから違いがわかりますよね・・・きっと!

今回は、床暖房も入った床ですから床材はチークの無垢材です!

現場にチーク材の独特の香りが漂っています!

上の写真で上の方に遮音シートがはみ出していますが・・・実は

この辺りにピアノが置かれます!もちろん遮音束は補強の為増やして

ますが、お隣との隔壁なので、そこにも遮音・吸音の為グラスウール、

遮音シートを入れます・・・床と壁に隙間なく遮音する為に伸ばして

あるのです!

上下階や隣接のお部屋への音の問題以外にも、マンションの場合は

上下階につながってる排水パイプの音って意外に気になります。

そこで、こちらにもグラスウールを巻いて、

遮音シートでくるんで

遮音・吸音しています!でもこれも仕上げると全く見えなくなりますが

住み始めると わかるんですよね その差が!

 

 

 

 

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー