京町家リノベーション ~小舞竹~ ♪ ミセガマエヤ

皆さんこんにちは!加藤です☆

今日もN様邸の工事現場に来ています!!

 

今回は京町家の壁についてお話していきますねヽ(○・▽・○)ノ゛

まず、京町家の伝統工法の壁は基本的に土壁で

真壁造り(室内に柱を化粧として見せる仕上げの事)でできています。

 

その真壁が出来るまでの工程が、気の遠くなるような大工さんの作業があって

存在している事に今日まで感心があまりありませんでした。

 

竹と縄で土壁の下地を編んで行くのですが、、、

 

この写真に写っている壁の端から端まで

全て手作業で一つずつ丁寧に編んでいくんです!!

家が完成してしまうと隠れてしまう構造部分に

こんな大変で地道な作業がある事を分かっているようで

分かっていなかった私には、ある意味ショックな一日でした。

こんなに綺麗で迫力のある小舞竹が仕上材で隠れてしまうのは

ものすごくもったいないような気がします・・・(´; ω ;`)ウゥゥ

ですが、この小舞竹の上に土壁を塗る事で

地震などの災害から私達を守ってくれる強い家になるので

こんな事言ってられませんね。:゚(。ノω\。)゚・

 

家が完成してしまったら見えなくなる部分をこれからもどんどん

ブログでアップしていきますので、皆さんお楽しみに(*`艸´)

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー