路地スケッチ

京都の地道なリノベーション

こんにちは、皆さま、大滝です(^^)

現在、築昭和23年ごろに建てられたお家の改修をさせて頂いています。

路地奥で、さらにお隣と壁を接するように建てられた京都ならではの建て方、

新築すると隣家補修をしながら、今より細長く建てる必要があり、

今回は改修ということになりました。

齢70歳のなかなかの築年数だけあって、耐震計画は基礎から屋根に至るまで、

なかなか大がかりなものに。

施主のN様にお越しいただき、現場を一緒に確認していただきました。

本来は床梁に直接固定する床下地ですが、床の不陸が大きかったため、

大量の補強材を入れつつ不陸調整しています ⇓⇓

揺れた時に、木が繊維にそってパックリ割れないよう、

ビスが互い違いになるようにと配慮をしつつの施工 ⇓⇓

度重なる改修をされた本物件、

解体して初めてわかったことも多く、なかなか教科書通りには進めさせてくれないようです。

当初は、一歩進んでは、相談し、また一歩進んでは、再検討、、、

という地道な道のりを重ねる日々が続いています。

もうすぐ、台風が二つもやってくるそうです。

みなさん、準備をしつつ備えてくださいね。

ではでは~。

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー