床高さを抑えたいときのマンションの防音対策は

大津の現場から・・・中島です!

先日 北区のマンションの防音について話をさせて頂きましたが、

こちらの現場では一部 既存残してのリノベで高さを抑える必要が!

そこで登場するマンションの防音等級をクリアー出来る床下地の登場!

既存の遮音フローリングを撤去して、コンクリートの床の上に

これを敷き詰めます!まだらの色のウレタンチップ材が、

衝撃吸収材となり、白い部分のポリエステル不織布が吸音材に!

その上にパーチクルボードの芯材があり、その上に遮音制振材の

ゴムシートが一体でセットされています!裏側は・・・こんな感じ

そして表側は・・・こんな感じ

遮音制振材のゴムシートがL字に無い様に見えますが、反対側が

延ばして貼ってあり、重なる様になっています!ですから、貼上りは

こんな感じで隙間なく遮音制振材のゴムシートが!

そして、下地が完成し、仕上げの無垢フローリングを施工します。

無垢フローリングの厚さが15mm下地の厚みが22mmで、

抑えられます!それで、LL45遮音等級がえられます!

今回は、大きなWIC等もあり塩ビタイルや他の仕上げの部分が

あり、マンションの管理規約では遮音の等級に含まれない部分も

あるのですが、子育て世代の事 考慮して改修部分の床の下地は

こちらを使わせて頂きました!そして、フローリングは軟らかく、温かい

国産の杉の無垢フローリングになります・・・DIYでクリアーオイルを

お客さんに施工して頂きます!

養生をめくり出してようやく見えて来ました

仕上がって来ると全く見えなくなってしまう所ですが、こうして

見えなくなってしまう所こそ大切になって来ます。

見た目の雰囲気や格好良さも大切ですが、機能の部分も同じ様に

って言うか、こちらの方こそ大切で 重要な部分でもあります!

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー