H様邸カウンター物語(前編)

みなさん、暦の上では春ですがまだまだ寒いですね。

お元気ですか?

大滝です(*^^*)

ブログ、お久しぶりですーー。

沖縄の島風のような、まあるい空気感を作ってくれる材料を求めて

中島氏と京北に行ってきました♪

 

 

 

 

 

 

わざわざ出向いたのには、ちょぉ~~っとばかり心配事がありまして。。。。

現場状況から、当初の予定よりカウンターを若干、サイズアップさせてしまったからです。

予算に限りがある、、、サイズダウンはもう無理、、、、、、でも今回の今回のプランのキーになる

材料なだけに、雰囲気はコダワリたい、、、(´Д`;)

 

 

 

あーでもない、こーでもない、、、と工房じゅうを探索すること小一時間。。。。

 

 

 

 

 

 

そして出会ってしまった一枚ぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

 

 

わかります?この長さと厚み!

木を磨くお父さん(弓削さん)がちっちゃく見えます↓↓

 

 

 

 

 

 

ええ、値札にはバッチリ予算を上回る金額がたらーっ (汗)

どうしよう!!

でも、もう木を磨き始める弓削さん↓

 

 

 

 

 

 

磨いて、濡らすと、木が目覚めるように、本来の輝きと奥行が出てきます黒ハート

ほんとはッとするような変化が目

『この木はなぁ、樹齢百年はとっくに超えとるよーー、ほら、ここが木が苦労したところでな。』

愛おしそうに磨いていきます。

この木は十年以上じっくり乾燥されてるそうです。

それは、この飴色に輝く耳部分にも表れるとか。

 

『んで、予算はどんなかんじですかー?』  と弓削さん

『・・・・・。』大滝、滝汗たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)

その横で

『実は、●●万円なんや。 』 とさらっと答える中島氏。

さすが長年のキャリアーー、余裕すぎーーーーあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

『予算内やったらあの板とかどうです?』 と弓削さん。

『それはそうなんやろけど、でもなー、こっちを見てしまったらなー、、、、やっぱり迫力がぜんぜん違うんよなぁ。』

と中島氏。

しばし弓削父さんと中島氏との金額交渉がつづきまして、

途中は色々あったので省きますが

無事、H様にぴったりな木材を買い付けることができました。

 

沖縄のまぁるい島風を感じる家『まぁるんちゅな暮らし』のH様邸のカウンター物語、後編に続くるんるん (音符)

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー