おこた

No Life、 No 炬燵♥ 炬燵を無理なく叶える方法(H様の場合)

もう、師走だなんて、、、(驚愕)、こんにちは、大滝です。

 

そろそろ炬燵の恋しい季節となってきましたね。

ところで、炬燵派(地べたが落ち着く派)ですか?

それとも、ソファー派(椅子が落ち着く派)?

 

もしや両方?!

 

 

世の中には椅子派と地べた派がありまして、

家づくりをする時に、ご夫婦で一致しないときが時折あります。

 

 

でも、どっちも叶えたいのがミセガマエヤ。

(早い話、私たちはとっても欲張りなのです。)

 

 

丁度、もうすぐ完成するH様のプランの時がそうでした。

 

ご主人は、椅子派。

椅子に座って作業するスペースが欲しい、

一方、奥様は、「炬燵が好き!炬燵は必需品!」。

でも、テーブルと椅子と炬燵、、、、

全部を単純に配置したら

家具に占領された苦しいお家になってしまうケースがあるのですね。

 

さて、どうしましょうか、

というわけでもう少し詳しく聞くと

ご主人の「椅子がいい」というのは、

 

背もたれがないと、

すぐゴロンとなって寝てしまって、そんな自分は嫌、、、

 

という意味だと分かりました。

 

そうなのです、地べた座りって、慣れないと

猫背になって疲れたり、足がしびれたりして

人によっては長時間は無理な場合もあります。

 

 

では、疲れない炬燵をつくってしまおうー、

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、こんなんでました(ミセガマエヤファミリーの皆さんは’お馴染み’ですね)⇓⇓⇓

掘り込みテーブルの暮らし。

 

レッツ炬燵LIFEをエンジョイ。

足もしびれませんし、

座椅子を使っていただくと、リビングで長時間座っても、身体が楽に安定します。

 

椅子を置かなくていいので

地べたからの目線はスッキリ。

 

そう、目線にうるさいのは椅子やテーブルの脚なのです

(四人掛けのダイニングテーブルだと合計20本もの足を眺めることに!)。

 

 

そんなH様邸、現在、こんな感じ。

 

 

掘り込みテーブルの位置は、一度作ると動かせないので

特に慎重に吟味しましたよ。

キッチンとの距離感がちょうど良いように、

少し寄せて、余白が余る位置にしました。

 

できた空白は、ヨガをしたりゴロゴロしたり、子供達が遊んだり、

ご友人が泊まるという時もギリギリお布団を敷けるスペースとなります。

 

奥様のお話で、

「子供の頃、家族でダンスレボリューションゲームをして楽しかったなー、、、」

という、ほんわかする情景が重なります。

 

 

そんなH様邸では、もうすぐ完成直前見学会が開催されます。

小上がりの心地よさをぜひ、体感しにいらしてくださいね(^^)

 

戸建てリノベ完成直前見学会 2018.12.22(土)@京都市西京区

 

 

  • Blog