マンションリノベ事例「気持ちにゆとりを生む暮らし」掲載

ミセガマエヤの青木です。毎日寒いですね!みなさまお元気ですか?

私は最近突然ガーデニングに目覚めまして、庭にアネモネ、チューリップ、クロッカス、ムスカリなどなど大量の球根を植えたので、毎朝寒い外に出て芽が出ていないか眺めるのが日課になっています(*^-^*)

上手くいけば花でいっぱいの庭になるはず!春が楽しみです!

 

さて、11月に見学会を開催させていただきました京都市北区H様邸のマンションリノベ事例「気持ちにゆとりを生む暮らし」をホームページに掲載いたしました(*^-^*)

もともとこちらのマンションにお住まいだったH様ご家族。

子供部屋をつくるというのがリノベーションのキッカケでしたが、お話を聞いていくと、欲しい場所に使い勝手の良い収納がない為にあっちに置いたりこっちに置いたりと無駄な動線を行ったり来たりされていたり、生活のリズムが違うご主人は、リビング横の寝室で寝ている家族に気を遣いながら過ごしていたりと、「なんだかスッキリしない」がたくさんあることがわかりました。

↓リノベーション前のH様邸

 

そこで、リノベーションを期に暮らしもまるごとリノベーション!

家事動線と収納が整ったことで日常生活でのイラッが減り、子供部屋、ワークスペース、カウンター、ほど良いこもり感のあるリビング、とゆるく繋がりながらもたくさんの居場所ができた事で、一人でもみんな一緒でも快適に楽しく過ごせるようになり、今までより更にご家族が仲良くなったそうです♪

ちなみに、このビンテージ感のあるフローリングは床暖房対応でポカポカなんですよ♪

今まではリビングの横に襖で仕切られた寝室だった為、早起きしても音と光を気にしながら自分の時間を過ごしていたご主人ですが、リビングと寝室が離れ、ワークスペースが出来た事でどんな時間でも一人で集中する時間が持てるようになりました。

細々した物も全てこのワークスペースに収まりますので、リビングも散らかりませんね。

このワークスペースはリビングの一角にあり、ガラスで目線の抜けるスペースになっていますので、完全に孤立することなく、お互いの気配を感じながらほどよい距離感で過ごすことができます。

 

事例ページにはビフォーとアフターの間取り図も掲載!

マンションリノベーションってこんな事が出来るんだ!!という所を是非ご覧くださいね♪

京都市北区のマンションリノベーション「気持ちにゆとりを生む暮らし」事例はコチラ

 

ミセガマエヤ LINE@
友だち追加

 

ミセガマエヤインスタグラム
Instagram

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー