0313n_063

Nさま邸 暮らしのインタビュー 前編

 

皆様こんにちは。ミセガマエヤの宮田です。

 

初面談は2019年7月、昨年にお引渡しが完了したNさま邸。
全貌はこちら⇒【軌跡】インナーグランピングのあるお家が完成!

 

お子さんが生まれ日々を楽しく過ごしてらっしゃるNさまご夫妻の暮らしのインタビューです。前編・後編と分けてお届けします♬

 

暮らしのインタビュー 前編

 

インタビュー中、もうお子さんがかわいくてかわいくて、ミセガマエヤスタッフはメロメロになっておりました(^^)そんな和やかな中、お話を伺いました。

 

 

①ミセガマエヤの家づくり、振り返ってどうですか?

ご主人:色んなハウスメーカーさんがあって図面を出してもらったんですけど、別に感動することはなかったんです。言わば普通の家ばっかりだったから。

 

奥様:「この家には、この間取りのスペースしかありません」からスタートしていて「効率考えたらこうなりますよね」みたいな。

 

ご主人:こっちが「こうしたい」って言う考えに対しては特に提案はないし、なんだか値段だけ高くてピンとこなかったね。

で、ミセガマエヤさんに行って提案を受けた時に「こんなことできるの?!なんか楽しいことできるんちゃうの♬」って思った。

 

奥様:ミセガマエヤさんのショールームに行かせてもらった時に、めっちゃおしゃれで…

ご主人:俺も最初あそこ行った時はびっくりした(笑)!

 

奥様:これが家でできるんだ!生活空間をこんな風にできるんだ!「おしゃれ~♬やりたい!」って思ったよね。

 

(※ちなみにミセガマエヤのショールームです⇑)

 

②最初の提案でどんなところがびっくりしましたか?

ご主人:この物件自体ツーバイフォーでリノベーションには向いてない、間取り替えしにくい、壁がとれないっていう特殊物件だったから、僕たちも知識がないし、どういうことが出来て出来ないのかもわからないし…。

それでも、こうして提案してくれて、そこから自分達がやりたいことを伝えていったら色々できるんじゃないかなって思った。

 

奥様:この物件を選んで本当に大丈夫かなって最初はめちゃめちゃ悩んだんです。だけど今更「新築買うか」っていったら、それはまた違うし。

で、ミセガマエヤさんからの提案は、初め別の場所に「リビングを独立した空間にしよう」っていう感じだったけど私は違和感を感じていて…。「それなら、こっちをリビングにしましょう」って言って、こんな風に作って下さって「そうそう!これこれ!」ってピタッとハマった感じだったね。嬉しかったよね。

 

ご主人:家づくりの途中も不安になって、思ったことを色々言ってしまったこともありましたよね。妻とも考えて話し合いましたし。

でも結局、ミセガマエヤさんにしてもらったこと全部良かったんです(笑)。今思えば本当に申し訳なかったです。その時の自分に「信じといて大丈夫だよ」って言いたいですもん(笑)。

例えば、あそこの木の材質についても最初は板感が強かったけど、今は「最高やん!これがまたいいねん♬」って思ったり(笑)。最初はイメージもわかないからね。

今は何個も自慢できる場所がある(^^)

 

奥様:お家に人が来たら一回ツアーしますよ♬「これどうなってるの?」「これはこうなっててな…」みたいな、あちこち回ってね。

 

③めっちゃ嬉しいです!では自慢ポイントってどこですか?

ご主人:まず入ってきた感じもいいですよね。もちろん一番のメインはここです⇓

 

 

僕が一番気に入ってるのはプロジェクターで映してここに座って見れるっていう時間が最高で♬コロナになってから外に出れず家で過ごす時間がかなり増えて、そういう意味ではいいタイミングやったなと思います。

コロナ渦で前の狭いマンションで子育てすることになってたら、多分ストレスで無理だっただろうなって思いますね。

 

奥様:狭いし、ここ治してほしいけどできないとかでそういうストレスばっかりたまってただろうね。このお家になってから、このリビングで皆が好きなことする時間が楽しいね。ダラダラしててもいいし、好きなバンドのライブ見てはじけてお家フェス出来るし、子供も踊るしね♬ビール飲みながら最高です!たまに感極まって泣いたりね(笑)。

 

 

ご主人:仕事で疲れてる時もね。やっぱり家っていいなって思いますね。ストレス発散もできるし、本当に良かったです。

 

奥様:細かいことを言うと、まだモノを置く位置が定まってなかったり、夫が電気を消し忘れたりそんなこともあるけど、それを差し引いても自分達が楽しい時間のほうが多い。それがいいよね。

 

ご主人:そうそう!子供を寝かしつけて日曜9時からドラマ半沢直樹をここで見るのが楽しかったよね(笑)

あとは、1階ですべてを完結できるのは、朝がめっちゃ楽です!服も置けるスペースを作ってもらったので、2階に行かなくていいのが楽。

朝のルーティンが決まっているのだけど、それぞれの行動(食洗機回す、顔を洗う、お化粧するなど)が別々の場所でスムーズに動けて、お互いの行動がぶつからないのがいいよね。

 

 

奥様:対面だから子供の様子もわかるしね。回遊できる間取りだから、子供がずっと回ってますよ(笑)足腰きたえられます。おかげで歩くの早かったです(笑)

 

ジブンミッケルワークはやってみてどうでしたか?

ご主人:お互いの家の話をするっていうのはすごく重要だと思いました。「こういう生活がしたい」「こういう生活をしてた」ってところね。そういう話ってしてみないとわからないしね。

ワークをして「こういう家にしたい」っていうのは共有できて良かったよね。

 

奥様:お互いの気になるところが「こういう生活をしてたからこうなのか。そういう生活をしてたからこうなったんだね。」っていうのがわかった上で改善策を練れたり解決できたり、そういう流れが出来て良かったなぁと思う。

 

ご主人:生活面でいうと電気の消し忘れ問題ですが(笑)、階段のところは自動センサーなのであれだけでもめちゃめちゃ良くておススメです!すべての人に言いたい、あれはつけるべきだと(笑)。楽だよ~って。

あと家づくりには関係ありませんが、アレクサを導入したことによって結構便利になりました。朝「おはよう」と言うと、テレビがついてお湯が沸いて暖房も全部つく。夜「おやすみ」と言うと、テレビが消えてお湯も切れて、暖房もオフになり、最後に「乾燥機はかけましたか」って聞いてくれるんです(笑)。生活を豊かにしてくれるアイテムの一つですよね。これも皆さん、導入すべきですよ~(笑)。

 

 

⑤ミセガマエヤってどんな会社だと思いますか?

ご主人:今考えても、こんな家作るのってめちゃくちゃやと思いますよ(笑)。職業柄、僕も色んな家を見るんですけど、ほとんどそんなにかわらない。そんな中でとんがっている。そこを求めてる人もいるわけなので、そんなことをしてくれる会社があるっていうのは嬉しいです。

 

奥様:確かにね。普通の人が見ると「なんじゃこれ?!」になるけど、自分の「やりたい!やりたい!」を突き詰めていくとこうなるんだろうなって。それを叶えてくれる会社ってすごいよね。

 

ご主人:色んな考え方があるので「普通の家でいいやん」とか「中古で売った時にこんな間取りだと値段つかへんやん」とか言う人もいると思うんですけど、自分がこの家でローン組んで30数年住むと考えたら、自分にあった家を作るべきだと思うんです。そうできたことが幸せだと思います。

 

 

インタビュー前編はここまでです(^^)

笑いいっぱいのインタビュー。そして光栄すぎるお言葉もいただき、とても嬉しいです。これから家づくりをされるかたの参考になることも多いと思いますので、続きをどうぞお楽しみに♬

 

ミセガマエヤのお客様へお願いです!

 

今後は、リノベーション施工事例集の充実も頑張っていこうと思っております。「COMING  SOON」が多いですもんね。すみません。

 

…ということで、ミセガマエヤOBの皆様!「我が家に撮りに来てもいいよ~」というかた、是非ともご連絡ください。

 

そして、今リノベ工事中のお客様やお打ち合わせが進んでいるお客様にもお願いです。お引渡し後のお引越しが完了し、落ち着いた暮らしができるようになった頃に、是非お伺いさせていただけたら嬉しいです(^^)

 

実際暮らしてみてのご感想や気づきなど、生の声をお聞かせください。

 

こちらからも「もしよかったら撮らせてください」とご連絡することがあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します!!!

 

ミセガマエヤはデザイン性や機能性だけでなく、暮らしを叶えるための家づくりをしています。『どんな暮らしを叶えたい?』『どんな家族になりたい?』『どんな自分になりたい?』など、お客様のお話をお話を聞きながら、二人三脚で十人十色の暮らしを叶えます。
物件探しのお手伝いもさせていただいているので、是非お気軽にご連絡くださいね。
ご興味がある方は→こちらからお問い合わせください☺!!
Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー