0313n_105

Nさま邸 暮らしのインタビュー 後編

 

皆様こんにちは。ミセガマエヤの宮田です。

 

昨年、お引渡しが完了したNさま邸。今日は暮らしのインタビュー後編をお届けします!前編をお読みいただいてから、後編をお楽しみ下さいね⇓

Nさま邸暮らしのインタビュー 前編

 

暮らしのインタビュー 後編

 

⑥自分にあった家を作るために、しっかり話し合いをされたんですね。

ご主人:そうです!!!

 

奥様:逆にめちゃめちゃ話し合いをしたからこそ、他のかたってどうやって家を買ってるんだろうって思ったんです!よく新築や分譲を見に行って「あっいいね」ってその時に買う人すごいなって思います。

 

ご主人:着てもない服をすぐ買うってことでしょ。それが3000万という単位で起こるわけだからすごいですよね。そう思うと、ちゃんと話し合う場を作って話すことは大事。自分達でトコトン話をして決めた家なら納得する、満足すると思います。

正直、途中は自分達でしなきゃいけないことも多かったんです。話し合って作業して調べて…。

 

奥様:「こんなに大変なんだぁ」って思ったよね。だけど、出来上がってこうなった時はめちゃめちゃ感動しましたよ!

 

ご主人:住宅ローン控除を使うために瑕疵担保の保険に入ったり検査入ってもらったり、住宅ポイントの申請とか結構大変なんです。でもやってみて「皆これどうやってんの?わかってるのかな?」って思ったんです。

 

奥様:大きな会社で新築とかを買うと全部会社でやってくれると思うんですけど、自分のお買い物なのに人任せな気がして…結局自分達でやって良かった。夜な夜な頑張ったよね。だからこそ「自分達の家だ!」って思うよね。

 

ご主人:いやぁ、資料関係もそうだし、このワイン箱もやらせてもらって良かったです。こういうヤスリ掛けとかの作業は僕に向いてたんです(笑)昼間ベランダでごしごしやってね。これ、めちゃめちゃ気に入ってるんですよ!

 

 

ご主人:上のドアも自分達で塗ってね。すごく時間かかったけど、ペンキの色を決めたり楽しかったし、外の漆喰塗りも楽しかったよね♬

 

 

⑦今後作ってみたいものやDIYで改良したいところってあるんですか?

ご主人:この辺りに写真をいっぱい貼ったり階段の吹き抜けの部分にも海外みたいに写真を飾ったり♬僕は2階のベランダにウッドデッキを貼って椅子を置いて、そんなことをしたいなぁって考えてます。ギターも飾りたいんですけど、それはまた将来に。

 

 

⑧理想の家づくり、夢はどれくらい叶ってますか?

ご主人:いやいや、ほぼ叶ってますよ!やりたいことリストに書いてた、キッチンドランカーできてるしね(笑)めっちゃ飲んでる(笑)

あとね、収納は多くして良かったです。片付けをしやすいしね。

 

 

⑨これから家づくりをするかたに対して、何かアドバイスはありますか?

ご主人:やっぱりちゃんと話し合うこと!ワークする時間があって、その時にどんなことでもいいから、めちゃめちゃ話し合ったほうがいいです!

 

奥様:途中で「こんな感じでもういいかな」って思う時が来ると思うんです。だけど、そこを一歩踏み込んでやったほうがいい。自分達だけでできなければミセガマエヤさんに入ってもらうとかして、細かいところまでやるべき。「こんなもんでいいか」だともったいない。煮詰めていくのが大事。

 

ご主人:「ここはこうしとけば良かった」って絶対出てくるからね。

あとは「こういうことがしたい!」ってミセガマエヤさんに言ったら、何かしら考えてくれるので、ぶん投げて大丈夫です(笑)

そもそも、このプロジェクターもね、僕が「これテレビとの距離が遠いんじゃないか」って言ったんですよ。今考えたら特に遠くなくて普通の壁掛けテレビで充分いける距離なんですけど「じゃあプロジェクターっていいんじゃないか」ってことになって、そのために配線までしてくれて、無茶ぶりをやってくれるこの感じ(笑)

 

 

奥様:皆もっと信じて無茶苦茶言って大丈夫だと思う(笑)

 

 

最後に、撮影を担当して下さったカメラマンの中西さんから質問が(^^)

⑩自分達の暮らしの不便さや癖が、空間や導線で解決できたお話が印象に残りました。電気の消し忘れの件(前編でお話されてました)の他に何かあったりするんですか?

ご主人:日々の暮らしのルーティンを1階に作ってしまってるんですよね。それぞれのクロークが一つずつあって、帰宅したら鞄をかける、服を脱いで部屋着に着替える、手洗いうがいする、その流れはそのスペースをちゃんと1階に作ったからそうなってる。

通り抜けたら着替えが終わってる感じ。オンオフがしっかりしてる。マスクを置くところ、鍵を置くところも決まってます。

僕ね、ルーティンを重んじるタイプですね(笑)それを気付かせてくれたのはワークだった。

 

 

奥様:流れってそういうもんだと思ってたけど、そういう普通のことこそ、自分達の「ちゃんとしたいポイント」だったんだなって。それがちゃんとできることが、自分のオンオフの切り替えだったり楽になるポイントだったりするよね。

 

インタビューを終えて

 

本当に嬉しいお話がいっぱいでした。これから家づくりをされるかたへのヒントもたくさんあったと思います。

そしてインタビューを終えてからも、好きなところを教えて下さるご夫妻(^^)

 

この机も気に入ってるんです!子連れのお友達が遊びに来た時に、机を移動させて赤ちゃん達はここ(インナーグランピングスペース)でごろんとさせておいて、大人はご飯食べるってことができてね。

 

 

椅子の高さもちょっと低めにしていて、この高さと机も合うようになってるんですよね。

 

 

Nさまご夫妻のインタビュー、いかがでしたでしょうか?

全てを会社任せではなく、自分達もやってみる。少々大変だったとしても、それは貴重な経験になり唯一無二の愛着のわくお家になります。

 

ミセガマエヤに、理想の夢・理想の暮らしをお聞かせください。諦めずにぶん投げてみて下さい(笑)一緒に自分らしい家づくりをしましょう!

 

どんどん進化していくNさま邸。娘さんMちゃんの成長も楽しみです♬

これからもミセガマエヤと末永くお付き合いいただけたら幸いです。インタビューと撮影にご協力くださり、心からありがとうございました!

 

ミセガマエヤはデザイン性や機能性だけでなく、暮らしを叶えるための家づくりをしています。『どんな暮らしを叶えたい?』『どんな家族になりたい?』『どんな自分になりたい?』など、お客様のお話をお話を聞きながら、二人三脚で十人十色の暮らしを叶えます。
物件探しのお手伝いもさせていただいているので、是非お気軽にご連絡くださいね。
ご興味がある方は→こちらからお問い合わせください☺!!
Share on facebook
Share on twitter
カテゴリー