F931FE29-46E3-4937-B55F-CAE2C061ACA2

買い換え❓それとも住んでる家をリノベ❓どっちがいいの❓

「子どもが大きくなって
なんとなく家が手狭になってきたし
もう少し広い家で新しい生活を始めようか」

そんなきっかけで
家づくりを意識しはじめる方は
多いんではないでしょうか❓

ここで、買い替えるパターンと
今の住まいをリノベするパターン、
実際どっちがオトクなのかな?
と考える方もいるかもしれませんね。

この疑問に対して
「これ!」という正解はありません。

「買い換えるのがベスト」と言う人もいれば
「住み慣れた環境も捨てがたいし、
住んでる家をリノベしよう」と考える人も。

ベストな選択肢は人それぞれ違いますから
それぞれのパターンについて
メリット・デメリットを
見ていきましょう❗

 

 

◆ その家づくり、引っ越しが前提ですか❓

現在賃貸にお住まいの方は
引っ越しが前提となる方が多いですが
すでにご購入されたお住まいで
何らかの不満や問題を
抱えていらっしゃる方はちょっと待って!

転居ではなく
今のお住まいを改善する方向で
暮らしをより良くする方法を
あきらめずに考えてほしいのです。

それまで暮らしていた環境に
愛着や思い入れがある場合、
転居はベストな選択とはいえないからです。

ただ、住んでいる場所をリノベする場合
引っ越しの必要はないですが、
そのかわり、同じ場所で
よりよい住空間を作り出すための
工夫やアイデアが必要になってきます💡

今回はもともとお住まいのお家を
リノベーションする選択肢をとった
Hさんご家族のお話をご紹介します。

 

◆ 技術で解決できることとできないこと

Hさんご家族は当初
家が手狭なので新しい場所へ😮」
と仰るご主人に対して
奥様とお子様が
今の場所に愛着があり、引っ越しは避けたい😧」
と主張されていました。

すでにお住まいの場所をリノベする場合
当然、面積は変わらないわけですから
どんなふうに空間を再設計するか❓が重要になります。

人は目の前の空間イメージが
頭に焼き付いているものなので、
同じ空間が住みやすくなる想像って
なかなかしづらいですよね。

今の住まいを手狭に感じている以上、
ご主人が新しい住まいを…と考えるのも
無理のないことと言えるかもしれません。

でも実は、同じ面積であっても
設計次第で住みやすくすることは可能なんです。

つまり、家の手狭問題は
技術次第で解決することができるんです。

むしろ、技術ではどうにもできない
問題が別にあります💡
なんだと思いますか❓

それは、それまで住んでいる
家に対する「愛着」です。

 

◆ 住まいに対する愛着こそ
ご家族がつくりあげてきた宝

引っ越しをして心機一転、
新しい住まいをつくることは
ある意味でカンタンです。

でも、Hさんの奥様とお子様は
今の場所に愛着があると
お話しされていました。

この場所が好き✨」
ここにいたい😌」という想いは
とても貴重なもの。

ご近所さんとのお付き合いや
その場所での素晴らしい人間関係、
育まれてきたコミュニティへの愛情は、
積み上げられてきた家族の歴史でもあります✨

 

 

住まいに対するこうした愛着こそ
ご家族がつくりあげてきた宝ではないでしょうか❓

みなさんもご家族で一度
話し合ってみませんか。

新しい土地、新しい家という箱だけが
私たちの求める家づくりでしょうか❓

 

◆ 「今より暮らしやすく」の答えは人それぞれ

買い替えの場合も
今の場所をリノベする場合も
今より暮らしやすくするための
アイデア出しが欠かせません。

家づくりで大切なのは
家族が今よりもっと自分らしく
快適に過ごすことのできる
暮らしの設計をすることなのです。

Hさんご家族の場合は
「なぜ今の家を手狭に感じるのか❓」
「どうすればみんなが気持ちよく過ごせるか❓」
といったことを突き詰めて考え
問題を解決するための選択肢を探っていきました。

このステップこそが
後悔のない家づくりを実現された
一番のポイントになったのです。

もともと3LDKだった住まいは
2LDKの空間に再設計💡

収納や家事動線も整えつつ
お仕事で使えるワークスペースも配置。

限られた空間を狭く感じさせず
過ごしやすい住空間を見事に実現されました😃

***

「今より暮らしやすく」の答えは
ご家族それぞれに異なります。

「もう少し広い家へ」と考える前に
どうしたら暮らしやすくなるか?
という視点で、家族会議を開いてみてください。

あなたの家づくりの根底を支えていく
大切な想いを発見できるかもしれませんよ💡

 

友だち登録してね♪